管更生
16044
page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,page,page-id-16044,page-child,parent-pageid-14495,bridge-core-2.2,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled, vertical_menu_transparency vertical_menu_transparency_on,qode-title-hidden,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-23.6,qode-theme-bridge,qode_header_in_grid,wpb-js-composer js-comp-ver-6.1,vc_responsive

管更生

Tube rehabilitation

管更生のご紹介

私達の生活に欠かす事の出来ないパイプライン。
その中には、地中に存在する下水管・農業用水管、工場建屋の中に存在する配管等があります。
それを改修する為には、掘削・解体を余儀なくされ長期に亘る工期が必要になっていました。
管更生は新たな管を既設の管内に作製する事で、
掘削・解体を行わないため短期での改修が可能で、
温水硬化によるムラのない均一な仕上がりで管の耐用年数を延長させる、
非常にメリットの大きい技術です。

防蝕技術のご紹介

防蝕とは一般的に『金属の腐食を防ぐ』という意味で広く使われ、

代表的なものだと塗装やメッキが防食技術の一つです。

最近では、金属以外の腐食防止技術にも『防食』の言葉が広く使われ、

コンクリートの腐食を防ぐ『コンクリート防食』などがあります。

 

下水管等にも排泄物や食品の加工洗浄過程で生じた汚水と

硫酸塩還元細菌等によって生成される硫化水素により

コンクリートが腐食劣化する現象が見られます。

その為、耐薬品性の高い更生材による防蝕が必要になります。

 

施工例(ターヤン工法)

施工前

施工後